オフィスを解約した完全テレワークは最適解か?

 最近では、新型コロナの影響で(口実で?)オフィスを解約して完全テレワークに移行した会社の話を聞くようになった。しかし、オフィスがない完全テレワークは、経営としての最適解なのだろうか?

 結論から言うと、最適解ではないと思う。なぜなら選択の余地がないのは、テレワークを一切認めない会社と大差ないと思うから。理想は、オフィスがあって、テレワークもオンプレワーク(オンプレワークとは今考えついた造語。クラウドに対するオンプレミスから連想した)も、状況によって選択できる、というのが働く環境としての最適解だと思うわけ。ひとによってテレワークがいいかオンプレワークがいいかは違うし、日によっても違うから。

 小さな子どもがいる人が、テレビ会議をやりにくいと思ったり、集中できないという話は良く聞くし、ずっと自宅で仕事をしているとたまには会社に行きたいなあ、と思うこともある(実際、私もたまにそう思う)。

 一番いいなと思うのは、ノーパソは持ち歩く必要があるが、会社でも自宅でも状況によって働き方を選択できること。そして、そうした選択ができることが、採用力にも影響するだろうし、生産性にも影響があるのではないだろうか。

 普通に考えても、オフィスもあってテレワークも状況によって選択できる会社、オフィスがなくてテレワークしか出来ない会社、オフィスがあってテレワークが認められていない会社の3つがあって、仕事内容も待遇も、組織風土も似たような会社だったら、自分でも間違いなく、オフィスがあってテレワークを状況によって選択出来る会社を選ぶ。さらに、自宅のIT環境整備のための経費を精算できて、コアタイム無しのフルフレックスの会社がいい。

 そうしたシンプルな考え方をするのが、経営だと思っていたのだが、どうやらそうでもないらしい。もちろん、オフィスも確保しつつテレワークが柔軟に選択できるという恵まれた環境を用意するには会社の体力がいるし、マネジメントの柔軟性も必要になってくるから、それを実現するハードルは高い。だけれども、そうした理想を追うのが経営だと思うし、そうした発想の会社はたくさんあると思うのだが、メディアにほとんど載らないのはなにか理由があるんだろうか。

 もっとも、選択の自由だといっても、テレワークに適応できないマネジメントが、どっちも選択できるのだから、うちはオンプレワークだ、と自分の感覚を押しつける自由はもちろんない。いずれ(そんなに長い時間を掛けずに)、どれが最適解だったのか、という答えはきっと出るだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です